グリーンアークの森

グリーンアークの森は次世代への贈り物

現在、日本の森は手つかずの状態が続き、多くの森で荒廃しているのが現実です。荒廃した森は保水などの大切な働きができず、大雨により土砂災害を起こしやすくなるなど多くの問題を抱えております。二酸化炭素を吸収する働きも低くなり、地球温暖化防止機能も低下してしまいます。本来の森の機能を回復させるために伐採・植林・育林のサイクルを継続して行う必要があります。このサイクルこそが日本の森づくりに大切なことであり、これからの時代を担う子供達に我々が残せる役目ではないかと思います。

そこでこの度、東京都農林水産振興財団と協力して、花粉の少ない杉を東京都青梅市御岳の山に植林する運びとなりました。日本の森林づくりの再生を行うことで、温暖化防止などの豊かな地域環境づくりに貢献していきます。私達ができることを少しずつ・・・それがグリーンアークの森です。

グリーンアークの森(カリマンタン島)

地球上の酸素の50%を供給する地球の肺=熱帯雨林地帯に2004年より植林をさせていただき、おかげさまをもちまして計画しておりました植林を終了することができました。
心より感謝申し上げます。
今後は、成長していく姿を見守っていきます。

最新情報一覧を見る